出展者の成果の声 - クリエイターEXPO | リードエグジビションジャパン

前回(2018年)出展者の成果(一部抜粋)

  • 会期後、出展者にアンケートにお答えいただきました。その一部をご紹介します。
    このほかにも多くの成果の声をいただいております

    • 野村紹夫 [ROUTE11] ゲーム ゾーン

      ゲームの開発依頼
      ゲーム制作会社や販促品を制作する会社など100社近くと話し、ボードゲームの開発依頼があった。
      最高の営業の場
      制作活動の傍ら、アポイント取り、企業に出向いての説明などは、大切な制作時間を圧迫してしまう。展示会に参加すれば、企業から声をかけてもらえるため、非常に助かる。
      成果の出方
      成果は、すぐ出るものだけではなく、長期的にも期待できる。実際、1年前の出展がきっかけで問合せて来る企業が何社もある。
    • jeux d’eau [ジュドー] 音楽・サウンド ゾーン

      招待券を送った
      企業から受注
      音楽系出版社から、管理楽曲の配信に関する仕事の受注。そのほかにも、大手エンターテイメント企業から、テーマパーク内でのショーの音楽制作の受注。
      初出展の感想
      初めての出展だったが、ビジネスの取引先の幅が広がり、今までの実績や制作の振り返りができて良かった。
      今後の活動について
      続々と依頼が来ており、フォローをすればさらに仕事につながりそう。今後、幼児~児童向け案件や空間音響デザイン・文化事業などにも挑戦したい。
    • スタジオななほし 映像・アニメ・CGゾーン

      キャラクターアニメ
      制作依頼
      大手菓子メーカーとキャラクターアニメ制作の商談、海外のIT系企業から自社キャラクターアニメ制作の依頼、専門学校の講師依頼があった。
      受注につながりやすい理由
      仕事発注者と直接顔を合わせて話ができるので、HPやメールでやり取りをするより話が進めやすく受注につながりやすい。
      クリエイター EXPOならではのメリット
      仕事を受けるだけなら、WebやSNSを利用すれば良いが、展示会で唯一出会える人がいるため、出展し続けている。
    • 樹 紫苑 作家・ライター ゾーン

      翻訳についての商談
      企業や出版社20社と書籍の制作企画や翻訳について商談。すでに映像制作会社から展示会のコンテンツの翻訳を受注。
      継続出展することのメリット
      毎年出展すると、以前の出展で出会った来場者が翌年来場した際にも覚えていてくれるので、商談に繋がりやすい。
      翻訳に対するニーズを実感
      初回から出展しており、毎年来場者の求めるものが変化しているのを感じている。今年は、翻訳に対するニーズが非常に多かった。
    • エモト サトル 写真家ゾーン

      撮影に関する商談
      広告代理店、化粧品会社、医療関連会社などと商談、ロボットメーカーと動画撮影の案件が成立。
      現在進行している案件
      化粧品会社からイメージアップのための商品撮影依頼があり、現在進行中。ほかにも展示会がきっかけで出会った企業4社と打合せをしている。
      新規顧客との出会いの場
      普段はない新しい出会いがあり、自分の作品に興味を持ってもらうことで仕事の幅が広がるきっかけになった。
    • 広野 りお イラストレーター ゾーン

      すでに5件の受注
      出版社、広告代理店、印刷会社などからカットイラスト、マンガ広告、専門誌イラストの仕事を5件受注。その場で受注、会期後すぐに納品したものもある。
      継続出展をきっかけに
      連続出展しているため、昨年挨拶はしたが仕事につながらなかった企業と改めて商談、即受注となった。
      招待券の送付方法
      200枚の招待券を請求し、1社につき3枚の招待券と手紙を入れて送付。そこから、過去に挨拶のみしたことのある企業が来場してくれた。
    • 内藤晶 デザイナー ゾーン

      すでに2社と成約
      出版社、広告制作会社、ゲーム制作会社、テレビ制作会社などと商談。筆文字をデザインした素材の提供、グッズ制作や商品開発に関して商談し、すでに2社と成約。
      年に一度の貴重な場
      展示会に出展することで、face to faceで直接商談ができる。従来の取引先とも顔を合わせることができる年に一度の貴重な場である。
      自身の需要を見つける手がかり
      今回出展したことで、今まで知らなかった分野での需要を知ることができ、今後の自身の売り方を考える上で大きな指針となった。
    • ten sen en デザイナー ゾーン

      約60件の商談
      デザイン制作会社、印刷会社、出版社、メーカーなどが来場。パンフレット、装丁、パッケージ、Web、キャラクターなどのデザインについて、約60件の商談をした。
      受注案件
      制作会社よりロゴデザイン、広報誌の表紙イラスト、ポスターのイラストとデザインなどを受注した。
      会期後の依頼
      会期当日商談できなかった方からも、後日見積り依頼が来るなどの宣伝効果があり、なかなか出会う機会がないクライアントと出会うことができた。
    • ありま 三なこ 絵本ゾーン

      すでに5件の受注
      大手書店からイベント企画の依頼。清掃会社からノベルティ絵本の制作依頼。写真・印刷会社からペットの似顔絵を受注するなど、成果が多くあった。
      出展して良かったこと
      今まで出会えなかった企業と話ができ、知名度を上げられたことがとても良かった。
      予想外の反響
      初出展で、ここまで反響があると思っていなかった。狙っていた絵本やイラストの仕事以外にも予想していなかった企業からの依頼もあり、驚いている。
    • 山岡製画堂 漫画家ゾーン

      狙い通りの商談
      初めての出展だったが、PRムービー製作、漫画連載、広告漫画制作などについてさまざまな企業と商談ができた。
      展示物の工夫
      狙っていたロボットの仕事を展示したところ、声をかけてくれた企業がいくつかあり、自分が欲しい仕事に関連のある作品を展示するのは大事だと思った。
      新たなジャンルへの挑戦
      エキスポそのものが大変興味深く楽しかった。今後は、漫画とは違うジャンルの仕事もさらに獲得していきたい。
    • ルーブル美術館
      展示書家 吉永 益美
      デザイン書道ゾーン

      その場で社名ロゴ制作の受注
      出版社・印刷会社・イベント関係会社と、カレンダー制作・ロゴ制作について話し、イベント会社からは、会期中にその場で社名ロゴ制作の受注。
      大きな収穫
      初めて出展したため、はじめは物おじして話せずにいたが、いろんな出展者・来場者が話しかけてくれて多くの出会いがあった。
      次回に向けて
      来年の出展では、CMタイトル制作の依頼を目標に、差別化を図ったPRをしていきたいと思う。
    • ポップアップ建築
      ペーパークラフト
      アート ゾーン

      会期中の商談内容
      旅行会社、文具会社、不動産、文教、イベント企画会社などが来場。ギフト商品企画の商談、新商品開発、ワークショップの相談など多数の商談をした。
      出展で得たこと
      会期3日間で、多業種の方と話ができ、相談内容の豊富さを知ることができた。また、出展しているまわりのクリエイターからの助言が参考になった。
      今後の活動
      今後、今回出展した際に名刺をいただいた企業に向けて、新たに創作した作品を売込んでいきたい。

当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。